ページトップ
デルファーマ
TOP > 美肌講座 > 乾燥肌のメカニズム

美肌講座

乾燥肌のメカニズム

乾燥肌のメカニズム

バリア機能が正常な肌 細胞間脂質(セラミド)には刺激物質の進入や水分の蒸発を防ぐ「バリア機能」という働きがあります。バリア機能が正常な肌にはセラミドやNMF(天然保湿因子)が充分にあり、水分をしっかり挟みこんで潤いを保っています。

細胞間脂質

角質細胞の間を満たす脂質で、セラミドやコレステロールなどで構成されています。細胞間脂質と水分が交互に重なりあう構造(ラメラ構造)を持ち、刺激物質の進入や水分の蒸発を防ぐ重要な働きを担っています。

NMF

NMF(Natural Moisturizing Factor)は天然保湿因子とも呼ばれ、皮膚に元来備わっている水溶性保湿成分の総称です。約50%がアミノ酸とPCAという成分で構成され、肌をみずみずしく保つ働きがあります。


バリア機能が低下した肌 細胞間脂質(セラミド)やNMFが減少し、水分が蓄えられなくなると、バリア機能も低下します。外部からの異物(刺激)が入り込みやすく、炎症などが起こります。

バリア機能低下の主な原因

  • 過度な洗顔
  • 洗顔時の水の温度
  • 紫外線
  • 加齢
  • 周囲の温度
  • 生活習慣の乱れ
  • メイク時や洗顔時の摩擦
  • 肌に合わない化粧品

バリア機能が低下すると乾燥や炎症が起こりやすくなります。
乾燥や炎症はターンオーバーを乱し、バリア機能を低下させるという悪循環が続いてしまうため、
失われたセラミドやNMFを補うことが重要です。

関連リンク

↑ページトップへ