ページトップ
デルファーマ
TOP > ケミカルピーリングとホームケア > ケミカルピーリング後の保湿と日やけ止め

ケミカルピーリングとホームケア

ケミカルピーリング後のスキンケアとメイクアップ

ケミカルピーリング後のスキンケアとメイクアップ

写真

ケミカルピーリング後の肌は、一時的に乾燥を伴った敏感な状態となります。普段ご使用の化粧品でも刺激となる場合がありますので、低刺激化粧品で十分な保湿ケアと、日中の紫外線対策を行なってください。その後は目的にあった化粧品を使用していただくことで、理想の肌に近づけます。

クレンジング・洗顔

強い洗浄力のメイク落としや洗顔料は、治療後しばらくは使用を控えてください。
うるおいは残して不要な汚れを落とす「正しい洗顔」は、スキンケアの基本です。
一方で間違った洗顔は肌にダメージを与え、様々なトラブルの原因となります。

3日間の保湿

一時的に乾燥を伴った敏感な肌状態になります。
普段ご使用の化粧品でも、刺激となることがありますので、治療後3日程度は低刺激化粧品で十分に保湿ケアをしてください。


ポストピール ローション


ピーリング後にもお使いいただける低刺激性処方の保湿化粧水です。

紫外線対策

紫外線によるダメージを受けやすい状態となりますので、日中は必ず日やけ止めをお使いください。


デルファーマの日やけ止めシリーズは、ケミカルピーリング後の肌状態を考慮して開発された低刺激性処方です。 (紫外線吸収剤フリー、タール色素フリー、無香料、エタノールフリー、パラベンフリー)

メイクアップ

治療直後でもメイクはしていただけますが、油分の多いファンデーションは、ニキビを悪化させる原因となります。
カラーコントロールパウダーや、ポイントメークなどを上手に利用して、肌に負担をかけないようにメイクを楽しみましょう。

↑ページトップへ