ホームピーリングを行う時の注意

良くある質問Q&A

ドクターズアドバイス

デルファーマのホームピーリング

トップページ > ホームピーリングを行う時の注意 > 日焼け止め

ホームピーリングを行う時の注意

日焼け止め

ピーリング後は角質層が薄く剥がれ、紫外線の影響を受けやすいため日焼け止めが必要です。SPF値の高い日焼け止めには、紫外線吸収剤が含まれていることが多いので、ピーリング後の肌状態を考慮すると紫外線吸収剤が入っていないタイプのサンスクリーン剤をお使いいただく方がより安心です。海や山など、極端に紫外線の強い場所へお出かけになる予定がある場合には、ホームピーリングそのものを控えましょう。

紫外線防御のしくみ 紫外線散乱剤 紫外線吸収剤
利点
  • 吸収剤に比べ、安全性が高いとされる
  • 化学反応を利用していないので、肌に付着している限り効果が持続する
  • 白浮きしない
  • 使用感の良い製品を作りやすい
欠点
  • 白浮きしやすい
  • アレルギー性、環境ホルモン等についての報告がある
  • 化学反応を利用しているので、効果は次第になくなる(散乱剤以上に塗り直しが必要)
成分の例
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • フェルラ酸
  • エチルヘキシルトリアゾン
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • パラアミノ安息香酸(PABA)
  • ドロメトリゾールトリシロキサン